1. 不動産買取.comトップページ
  2. 不動産ニュース&トピックス
  3. 20年10〜11月の民泊宿泊実績は、前年比68%減

不動産ニュース&トピックス

20年10〜11月の民泊宿泊実績は、前年比68%減
(2021-01-22)
観光庁は15日、住宅宿泊事業の宿泊実績をまとめた。期間は2020年10月1日〜11月30日。

11月30日時点の届出住宅数は2万218件で、21年1月6日時点の報告件数は1万6,659件、報告率は82.4%。

全国ベースでの宿泊日数の合計は9万4,042日(前年同期比68%減)、届出住宅当たりでは5.7日だった。都道府県別では、東京都が3万4,084日で最も多く、次いで北海道(1万2,589日)、福岡県(5,223日)だった。届出住宅当たりでは、栃木県県が9.2日で最も多かった。

全国の宿泊者数の合計は10万1,390人(同67.7%減)で、届出住宅当たり6.1人。都道府県別では、東京都が1万7,013人で最多。以下、北海道(7,270人)、千葉県(6,849人)となった。届出住宅当たりでは栃木県が29.7人で最多だった。

宿泊者のうち、日本国内に住所を持つ人が9万4,734人(93.4%)、海外からの宿泊者が6,656人(6.6%)。海外からの宿泊者を国籍別にみると、1位はアメリカ(2,154人、32%)、次いで中国(1,470人、22%)となった。