1. トップページ
  2. "不動産ニュース&トピックス|不動産買取のことなら不動産買取ドットコム(不動産査定~売却)
  3. 不動産相場に先行して買取価格が上昇中?

不動産ニュース&トピックス

不動産相場に先行して買取価格が上昇中?
(2015-10-13)
不動産買取価格が上昇中?

不動産の売却方法においては大きく分けると仲介と買取の2種類があります。

それぞれの特徴を抜粋すると。
◆仲介
・希望価格の売り出しが可能(願望価格)
・いつ売却出来るかわからない
・不特定多数の見学者に家を見せなければならない
・値引きや建物修復条件等を要求される場合がある
・引渡し時は建物内に家財・不用品等を一切残さず整理しなければならない。
・多くは買主が個人の為、住宅ローン手続きを待たなければならず、
否決の場合は白紙解約となる。
・一般的には売った後に数ヶ月の建物保証を付ける為、
万一雨漏りや給排水の故障等が発覚した場合は100万円単位で修繕費を要する場合もある。
・境界が不明な場合は土地の測量をしなければならない。
・仲介手数料が必要

◆買取
・古くても故障があっても現状のままで売却ができる。
・後から故障や瑕疵があった場合も免責される。
・仲介手数料が不要
・すぐに売却、売却代金の入金日を確定できる。
・家財や不用品等を残したままで売却できる。
・家を不特定多数の人に見せる必要がない。
・広告や新聞等に売り出し情報を載せる必要がない。
・秘密厳守で売却できる。
・手続き期間が短く手間が簡単なので余分な労力が不要。
・契約後のローン不成立等によるキャンセルがない。

※契約条件によって異なる場合がありますが、概ねこの様な違いとなります。

現在の価格上昇相場においては、一般ユーザーが過去相場のイメージを拭えずに購入に足踏みをする為、流通の動きが鈍化する場合があります。
仲介業者の顧客取り込み競争に巻き込まれ、単に高い査定を提示された事を鵜呑みにされた方等は、売りに出しても売れず、結局値下げをして最初の提示価格よりも2割も下がった等の場合も少なくありません。
反面、業者は相場に敏感な為、現在の相場に応じた価格で買取をする事が可能です。
価格が折り合えばすぐに手続きを行える為、確実に予定の期日に現金化が可能です。
また、煩雑な手続きや時間を短縮する事も金銭的利益に換算すると大きいのではないかと考えます。
業者が提示する一か八かの理想的価格よりも、現実的な買取価格を確認してみてはいかがですか?

★土地・建物の買取は不動産買取ドットコム