1. トップページ
  2. "不動産ニュース&トピックス|不動産買取のことなら不動産買取ドットコム(不動産査定~売却)
  3. この先1年間の住宅ローン金利見通し、「上昇する」が50%超

不動産ニュース&トピックス

この先1年間の住宅ローン金利見通し、「上昇する」が50%超
(2013-07-12)
金利の意識調査について

 金利の見通しについて住宅金融支援機構はこのほど、「平成24年度 民間住宅ローン利用者の実態調査【民間住宅ローン利用予定者編】(第3回)」結果をまとめた。今後5年以内に、民間金融機関住宅ローンの利用を予定している人1,022人を対象にインターネットによるアンケート調査を実施。調査時期は2月7日です。

 求める住宅ローンの金利タイプは、「全期間固定型」が36.2%(前回調査時35.4%)と増加。「固定期間選択型」は34.4%(同35.3%)と減少した。「変動型」は29.4%(同29.4%)と変わらなかった。
 今後1年間の住宅ローン金利見通しについては、「現状よりも上昇する」が前回調査に比べ倍増、52.1%を占めた。
 「今は住宅取得の買い時だと思うか」の問いには、「そう思う」が55.5%(同53.2%)と増加。その理由として、「住宅ローン金利が低水準だから」「消費税率引き上げ前だから」が多くあがった。

 
 又、住宅取得時に重視する項目を、東日本大震災の発生前後で比較すると「耐震性能」(18.4%→55.9%)、「立地(災害などに対する安全性)」(11.6%→26.3%)、「省エネ性能」(15.6%→19.7%)、「耐久性」(13.9%→24.3%)、「構造・工法」(9.3%→15.8%)が増加した。一方、震災前後に最多となった「価格・費用」は73.8%から58.8%へと減少している。

★不動産の買取査定と売却は不動産買取ドットコム★