1. トップページ
  2. "不動産ニュース&トピックス|不動産買取のことなら不動産買取ドットコム(不動産査定~売却)
  3. 平成21年の新設住宅着工戸数、80万戸割れ/国交省

不動産ニュース&トピックス

平成21年の新設住宅着工戸数、80万戸割れ/国交省
(2010/01/31)
国土交通省は29日、平成21年および同年12月の新設住宅着工戸数を発表した。

 平成21年の新設住宅着工戸数は78万8,410戸(前年比▲27.9%)で、2年ぶりの減少。床面積は6,832万4,000平方メートル(同▲24.7%)で、同じく2年ぶりの減少となった。

 利用関係別にみると、持家が28万4,631戸(同▲10.6%)、貸家が32万1,469戸(同▲30.8%)、分譲住宅が16万8,837戸(同▲43.7%)で、いずれも2年ぶりの減少。
 分譲住宅のうち、マンションは7万6,678戸(同▲58.0%)で2年ぶりの減少、一戸建住宅は9万1,255戸(同▲21.2%)で3年連続の減少となった。

 12月の新設住宅着工戸数は6万9,298戸(前年同月比▲15.7%)で、13ヵ月連続の減少。床面積は586万8,000平方メートル(同▲10.2%)で、14ヵ月連続の減少となった。季節調整済年率換算値では81万9,000戸。

 利用関係別にみると、持家は2万4,036戸(同3.0%増)で2ヵ月連続の増加。貸家は2万9,604戸(同▲22.7%)で13ヵ月連続の減少。分譲住宅は1万4,510戸(同▲27.4%)で13ヵ月連続の減少となった。